年の差婚物語⑥ヨーロッパ旅行編

本日、「初めて恋をした日に読む話」の最終回でした!!
年の差カップル、年の差婚の理解が大分進んできたのだと思いながら夫婦二人で、最後までドキドキしながら観ていました。
最後はハッピーエンドで終わることができて本当に嬉しかったです。(深キョン可愛い。。。)

ということで、年の差婚物語の続きを書いていきたいと思います。

年の差婚物語⑤を読んでいない方はこちらからどうぞ^^
20歳年上の嫁と僕との、結婚までの物語です。

年の差婚物語⑤再会編

2019年3月10日

旅行と確信

ドイツでの再会を経た僕達は、ヨーロッパ旅行へと旅立ちました。

はるばるドイツまできてくれた彼女には感謝の気持ちでいっぱいでした。そんな彼女のために、ヨーロッパ旅行を練りに練って様々な場所をリサーチしました。行きたいと思う場所には、事前にgoogle mapのお気にり入り登録すると、既に行ったような、心地よい気持ちになるのでした。

実際に行ってみると、写真好きの彼女は大はしゃぎで写真を撮っていました。

彼女「ここ、二人で写真とろうよーー!! あ、ここも撮りたい!! あ、これ可愛い!!」

そんな彼女を見ていると、自分の中のもやっとしていた気持ちがだんだんと晴れていくのを実感できました。

二人で電車に乗ったり、バスに乗ったり、また電車に乗ったりと、国と国を跨ぐ移動は時間もかかりましたが、些細な話で盛り上がったりと、移動時間もまた心地よいものとなるのでした。

もちろんハプニングもありました。

電車の乗り場が分からずギリギリに乗車することになり、彼女に怒られたり、
通貨の両替をしたら、騙されて1万円が10円になり、彼女に怒られたり
夜遅くに宿泊地に到着して管理人に会うことができず、彼女に怒られたり

旅行中、何度も彼女に怒られてしまいました。
それでも、その都度その都度、窮地をくぐり抜けることができて、最後には二人で

彼女「どうなることやらと思ったけど、なんとかなるものだね」

と笑顔になっているのでした。

相手のことをよく知るためには、二人で海外旅行にいくべきという話を聞いたことがありますが、今回の「旅」で、彼女の「良い部分」も「悪い部分」も知ることができました。それを踏まえた上で、彼女の事が、正直に「好き」なんだなと思いました。

そして、その想いの先には

「結婚」

の2文字がはっきりと浮かんでくるようになりました。

この人となら、何があっても一緒に乗り越えられる。二人の旅の時間が過ぎるたびに、その気持ちが強くなってくるのでした。

初めての紹介

ヨーロッパ旅行の最後の国「ハンガリー」では、ついに、彼女に友人を紹介する事になりました。

今まで、彼女と付き合ってからは、親にも友達にも、彼女を事を話していませんでした。

それは正直に「反対される事が怖い」からでした。「年上の彼女」のことを友人に反対されたらどう思うだろうか。当時は、自分自身の気持ちに正直になれていなかったのです。

しかし、彼女と再会し一緒に旅をした今、自信を持って彼女のことを紹介できると心から思えるようになりました。

ドイツ留学時に知り合った友人3人とハンガリーで会うことになり、彼女を紹介すると、最初はお互い初対面でどこかぎこちない空気が続いていたものの、5人でハンガリーを旅している内にすっかり意気投合しました。

そして、夜には、ハンガリーの特産品であるパプリカを使ってみんなでハンバーグを作ったりと、ホームパーティを楽しむまでになりました。

  

そこには、国籍も、性別も、年齢も関係ない、家族のような雰囲気がありました。

実際に友人達は今でも深く交流を続けています。そんな友人達に最初に彼女を紹介する事ができて良かったと今でも思っています。

こうして僕達二人は、ハンガリーから飛行機に乗って、日本に無事帰国しました。

続きはこちら

年の差婚物語⑦周囲の反対編

2019年3月24日

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。よかったら、twitterにて、いいね、コメント、フォローしていただけると励みになります^^

twitter.com

2 件のコメント

    • くろシカ夫婦さん、コメントありがとうございます!!
      おー!同い年で京都との大学なんですね(^^)!
      嬉しいです!
      今週末に更新しようと考えているので、良かったら読んでください(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA